人気ブログランキング |

【NEW】心肺蘇生法訓練キット 『スクーマン2』!

スクーマン2 (心肺蘇生法 訓練キット)/アテナ工業株式会社

¥4,095
Amazon.co.jp

MAトラスト株式会社はアテナ工業株式会社と代理店契約を締結し、事業者向け及び一般向けに同社が製造販売しているスクーマン2の販売をすることになりましたのでご報告致します。

d0338522_20594557.jpg

d0338522_20594670.jpg

d0338522_20594777.jpg



d0338522_20553807.jpg


d0338522_20594974.jpg


d0338522_20594915.jpg


d0338522_20595000.jpg


d0338522_20553871.png



本製品は、心肺蘇生法の訓練キットとして開発された商品です。(日本製)
学校で職場で是非ご活用ください。


以下に製品の概要をまとめましたので、是非、ご覧ください。

d0338522_20553951.jpg


               (外 観)

d0338522_20554001.jpg


              (蓋を開けた写真)



スクーマンは、心肺蘇生法における胸骨圧迫の『正しい位置』『正しい強さ』
『正しい深さ』を身に着けるための訓練キットです。


特 長

特長1. 正しい位置が分かる

 模擬胸部の下にある土台には、心臓および肝臓が模られており、
 臓器の仕組みから胸骨圧迫の正しい位置を理解できます。

d0338522_20554158.jpg
      

特長2. 正しい強さが分かる

 胸骨圧迫は、成人の場合胸骨が少なくとも5㎝沈むようにしっかり圧迫しなければなりません。
 スクーマンは、正しく圧迫できた場合には「パチン!」と音が鳴るので、力加減などを体得できます。
 また、生体に近い硬さで作られています。
     

http://ma-trust.jp
d0338522_20554265.jpg


特長3. 正しい深さが分かる
 
 胸骨圧迫後、胸を元の高さまで戻し充分に圧迫を解除することが重要です。
 スクーマンは、箱の内側の赤色が見えなくなるまで胸部模型を戻すことで簡単に
 圧迫解除ができているか確認できます。  

  

特長4. いつでもすぐに使える

 組み立てなどの必要はなく、箱を開ければすぐに使用でき、また持ち運びに
 便利な取っ手がついています。
 何度も使えるので、講習会等のあとでも各自で繰り返し訓練することができます。


使用方法

1.箱のふたに描かれた顔の絵が、訓練者の右側または左側に来るように箱を置きます。
  箱の横にひざまずき、青いスポンジの部分に重ねた手の付け根を置きます。
     

2.両ひじをまっすぐに伸ばし、真上から上半身の体重をかけて、胸骨が少なくとも
  5㎝(成人の場合)沈むようしっかり圧迫します。
  正しい深さと強さで圧迫すると「パチン」と音が鳴ります。
d0338522_20554484.jpg



3.圧迫後は箱の内側の赤色が見えなくなるまで模擬胸部の高さを戻すようにしましょう。
  ※しっかりと胸を元の高さに戻すことを「圧迫解除」と言います。
d0338522_20574257.jpg

     


製品概要
 セット内容
  本体(箱)
d0338522_20554912.jpg

  模擬胸部
d0338522_20554911.jpg

  土台および模擬心臓部
d0338522_20555196.jpg

  模擬AED・パッド
d0338522_20555182.jpg

d0338522_20555308.jpg

  救命ハンドブック
d0338522_20555428.jpg


 サイズ
  収納時 W340mm × H92mm × D238mm
  使用時 W340㎜ × H92㎜ × D560㎜
  重さ 850g
   製造元  アテナ工業株式会社

 販売代理店  MAトラスト株式会社 メディカル事業部
           tel:03-5298-7772  mail: info@ma-trust.jp

d0338522_20595154.jpg


本商品は、MAトラストのネット通販でお買い求め頂けます。
 学校、職場などで大量される場合は、下記までご連絡ください。


MAトラスト株式会社 メディカル事業部          
           tel:03-5298-7772  mail: info@ma-trust.jp
by ma-trust | 2013-12-01 18:29 | ブログ
<< 宮島邦彰先生の『スピード美白矯... 細胞レベルで活性化?ナノバブル... >>